blog@yaginuma.com Home | Blog | About us

blog

Blog Home
Blog Archives

2004年05月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     


search

Google

Web
www.yaginuma.com

yaginuma.com

Home
About us

Mail

Links

忠類川
鮭声鱒語
知床発…JAF・ロードサービス奮闘記
The Trail Cam.
higuchi.com blog

[前の記事: "林道の除雪作業"] [新着記事一覧に戻る] [次の記事: "竜ヶ岳"]

2004/05/04: "しばらくぶりの雨"

朝5時、テラスから見る風景です。
連休に入った先月29日から晴天が続き、山のブナも一斉に芽吹き始めましたが、今日はしばらくぶりの雨です。
山にかかる霧は瞬時に辺り一面を隠したり、晴れたり、目まぐるしく風景に変化をつけて行きます。 大井沢の天候の変化はstillではなくてまるでmovie、見ていて飽きません。
DSC03099 (150k image)
アカゲラとコゲラが庭先の唐松を突付き回っています。



窓を開けると、イカルチドリ、ホホジロ、セキレイ、ツグミ、ムクドリなどの鳴き声がうるさいほどに聞こえてきます。
ツバメがしきりに飛び回っているのですが、まだイワツバメの姿を見ていません。 彼らが来るのはもっと遅い時期なのか、記憶があいまいです。

妻の畑もすっかり雪が消えて、昨日は朝から畑仕事です。
今年はさらに200屬療效呂鮗擇蠅燭里如∈覆糧はずいぶん広くなりました。 畑一面に消石灰を撒き、昨年の秋に買った牛糞を散らし、何度も何度も耕運機で耕して土を作ります。 耕運機は私の役目です。 小さな耕運機ですが、一日中動かしているとかなりの重労働になります。
去年の夏に種を播き、秋に植え替えたアスパラガスが細い芽を出し始めています。 食べられるのは再来年です。
薪の始末も残っているし、雪囲いに使った木材も片付けなければならないし・・・忙しくなりそうです。

どこから来たのか、テラスの下の小さな池に数日前から数匹のイワナが住み着きました。 全員25、6cmのサイズです。 しきりにライズリングを作ります。 パンくずを投げると、いったんは口に入れますが吐き出してしまって、あとは見向きもしません。 ふと、「#18くらいのユスリカで、テイペット7X・・・。」などと頭をかすめます。

昨夜は思いもかけず豪華な食事になりました。
畑を耕していると携帯電話に喜春さんからの呼び出しがあり、すぐにビニール袋を持って来い、とのこと。
朝日山の家の前に止めたランドクルーザーの後ろに、大きなクーラーボックスがデン!と置かれいています。 覗くと見事なブリ、イナダ、ソイ・・・。 酒田沖での釣果だそうです。
丸々としたイナダを1本頂きました。 こんな時には日本橋三越前の「木屋」の出刃包丁が威力を発揮します。
もちろん刺身にしました。 生魚に飢えていただけに、それはそれはまさに「干天の慈雨」。 家族4人で、あっと言う間に3/4身が消えました。
頭、中落ち、腹すは張美さんの凍み大根と一緒に「ブリ大根」風に。