blog@yaginuma.com Home | Blog | About us

blog

Blog Home
Blog Archives

2006年03月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 


search

Google

Web
www.yaginuma.com

yaginuma.com

Home
About us

Mail

Links

忠類川
鮭声鱒語
知床発…JAF・ロードサービス奮闘記
The Trail Cam.
higuchi.com blog

[前の記事: "生ハムを仕込んでます。"] [新着記事一覧に戻る] [次の記事: "今日のアオゲラ"]

2006/03/16: "宅地無償提供: 北海道標津町"

北海道の標津町では、同町への定住希望者に対して120〜140坪(つまり400〜460屬曚鼻砲梁霖呂鯡欺で提供するんだそうです。
標津町はいいところです。 世界自然遺産の知床半島までは車で40分、国後島だって泳いで行けます。 60km先にはKFCだってありますし、酒屋さんは<てつのや疋田商店>を始め10mおきにあります。

鮭が旨い、タラコもイクラも絶品、海アメなんて海面が盛り上がるほどです。 10kgほどもあるカジカが釣れるし、コマイだって大きいやつはタラほどもあります。 タラなんて鯨ほどにもなります。 6月のシマエビは、あまりの旨さに悶絶します。 悶絶しない人も居ますが、そんな人は変です。
今年初体験した絶品は獲れたて鮭の心臓でした。 1パック/400gが300円だったと思うんですが、ま、鮭100匹分の心臓ってことで、これを甘辛く煮付けて出されたりしたら堪らんですね。
6月の標津の風景はオレゴンの春を思わせるそうです。
牧場の緑、一面のタンポポの黄、白樺の新緑、残雪の知床の山々・・・見ているだけで涙がでます。 サクラマスの滝登りが見られます。 秋の紅葉はさらに見事です。 町の皆さんは全員が聖人や君子ばかりだし、鹿だってヒグマだって野生のヤツをいつでも見られます。 冬は−15℃、−20℃は当たり前。 冷凍庫なんて要りません。 鮭釣りのメッカ、忠類川が流れています。
<来人>というスナックがあって、マスターはルアーフィッシングの神様ですが商売はいい加減です。 私が定宿にしている<ホテル川畑>は露天風呂がなんとも言えないほどに良くて、奥さんが絶世の美女です。
北海道移住を計画している方には、絶対に標津町がお勧めです。
で、なぜ私は標津町に移住しなかったのか・・・当時は宅地の無償提供制度がありませんでした。