blog@yaginuma.com Home | Blog | About us

blog

Blog Home
Blog Archives

2007年02月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   


search

Google

Web
www.yaginuma.com

yaginuma.com

Home
About us

Mail

Links

忠類川
鮭声鱒語
知床発…JAF・ロードサービス奮闘記
higuchi.com blog

[前の記事: "ダーツの旅〜テレビの威力"] [新着記事一覧に戻る] [次の記事: "カルガモ"]

2007/02/09: "不思議な広告〜邸宅マンション、一太郎"

今日の朝日新聞(山形版)には広告も、記事も興味深いものいくつかありました。
先ず大相撲の八百長。 あるか無いか知らないけど、テレビでの黒鉄ひろしのコメントが可笑しかったですね。
「大相撲をスポーツだなんて思う方が間違っている。」

DSC08518 (106k image)
<邸宅マンション>とか<都心個邸>なる分譲アパート。 思わず広辞苑で<邸宅>を調べてしまいました。
広さが100屬睫気い茲Δ癖譲アパートを<マンション>などというのも気恥ずかしい感じがしないでもないけど、<邸宅>と言い切ってしまうところが凄い。

DSC08519 (75k image)
この広告も凄いと言えばスゴイ。
一太郎やATOKがバレンタインデーのチョコレートじゃないってことを知っている日本人はどれほど居るんだろう?
この広告を見ると、どこにもパソコン用日本語ワープロソフトであることが記載されていません。 パソコンユーザーだって、今や一太郎やATOKを知っている人なんて絶滅危惧種よりも少ないだろうに、広告を作っている側にはそこんところが分かっていないんでしょうね。
どうして「美しい国の美しい言葉のために・・・日本語ワープロソフト一太郎2007」ってやらないんだろう? 安倍内閣と一緒に消えそうになったら再チャレンジすればいいじゃないですか。